2019年11月26日

引っ越しました

11月5日に埼玉県春日部市に引っ越しました
実は当地に中古物件を購入し寺を建立しました。
ゆくゆく護摩壇の施設も整えたいと思っております。

これを機会に「教会」から「寺院」に格上げし寺院名も薬師如来の本尊にふさわしく「上願寺」に変更する運びとなりました。

ただ私は現在東京都宗務支所長を拝命しており、その引継ぎの処理
ならびに、埼玉教区への編入、金剛尊院教会の委譲を済ませたうえでの「上願寺」設立ですので、上願寺の設立は12月中にずれ込む予定であります。

本来は、もっとはやく引越等のことを通知すべきでありましたが、そのような事情でございました
ホームページも上願寺正式の設立に伴って変更する予定です


上願寺の新住所
〒344−0037
埼玉県春日部市上大増新田524−6
TEL 048-876-9908
FAX 048-876-9099

今後ともよろしくお願い申し上げます。
藤川竜光 拝

追伸 
現時点では当院はまだ正式には「金剛尊院教会」です
今月お出しするお札等、まだ「金剛尊院教会」の教会名でお出しすることになります
よろしくお願い申し上げます。


posted by 竜光 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像

薬師感謝祭りをおこないます

12月15日(土)午後3時より、「薬師如来感謝祭」を行います。年に一度、ご本尊の薬師如来さまにお参りして感謝の気持ちを表しましょう。普段、寺になかなかお参りのできない方も是非、ご参拝くださいますように。

なお、ご希望の方には「風邪守り」のお守りを頒布いたします。(一つ3000円)当院の秘仏・牛頭天王さまのご真言を加えて修法いたします。

牛頭天王さまは薬師如来を本地仏とする仏様です。牛頭天王さまはもともと疫病神(えきびょうしん)として天刑星(てんぎょうせい)に退治される悪神でありましたが、のち天刑星と習合し、疫神や悪霊を攘う霊験あらたかな神へと変貌します。疫病除けとして牛頭天王さまは江戸時代にとても人気のある神様でした。一年間、風邪・インフルエンザ等の流行り病いからお守りくださいます。ご希望の方はホームページよりお申し込みいただくか、直接金剛尊院にまでご連絡ください



DSC_0110.JPG

posted by 竜光 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仏像

2019年09月18日

牛頭天王と歳徳神の合わせ香合仏の頒布


このたび、金剛尊院教会の名称を改め、上願寺とし、さらに、埼玉県春日部市に中古物件の一軒家を購入する運びとなりました。

引越は11月5日、上願寺の正式な発足は12月の予定です。
わたくしにとっては大変大きな転機となります。

これを機として、師匠の羽田守快先生の監修の元
牛頭天王と歳徳神の合わせ香合仏の頒布を企画いたしました。

1568803299669_20190918194356.jpg1568803326386_20190918194358.jpg1568803329548_20190918194359.jpg

牛頭天王様
厄除け、方位除け、除病延寿、健康祈願、悪魔退散 災難未然、疫病からの守護神

歳徳神(波梨采女)
幸運の女神、美容。敬愛。財福。

お二人はご夫婦の神様ですから、勿論、

縁結び、良縁、夫婦円満、子孫繁栄のお守りです。


香合仏は、本体部分と蓋の部分、それそれ「牛頭天王」「歳徳神」が彫られております
お二方のお姿が一つの香合仏の中に向かい合って鎮座していらっしゃいます。


前代未聞のつくりだと思います。

香合仏は9月末に仏具店から入って来ます

香合仏ひとつずつ、一座行法にて丁寧に開眼いたします

お届けは10月に入ってからの開始となります

お時間がかかることをご承知おきください

一体五万円申し受けます。

専用の袋と桐箱に入れてご送付申し上げます。

なお、志納料は、香合仏と同時に、振込先をご連絡いたしますので、お手元に、届いた後で、指定の口座にお振込お願い申し上げます


よろしくお願い申し上げます


思えば、私の僧侶への道は牛頭天王様が開いてくださったといっても過言ではありません。

まだ、会社員だったころ、私が丑年生まれだという御縁だけで、飯能市の竹寺にお参りし、「どうぞ私の進む道をお示しください」と御祈願したのが始まりでございます。

その後ほどなくして師匠から内弟子にならないかという打診をいただいたのでした

師匠 「来るか」
藤川 「はい」

たったこれだけの会話ともいえないやり取りがその後の私の人生を決定づけたのです。
あれから十四年、一山住職になり、ほぼ寺の収入だけで、生計を立て、60歳を間近に迎えて中古ではありますが、家を一軒購入するまでに導かれました。

思えば牛頭天王さまこそが私を密教に導いてくださった尊格であります。
飯能市は埼玉県にありますが、最後に春日部に落ち着くことになったのも御縁だと思います。



以下、羽田先生がブログでご紹介くださった内容です。

https://konjichouin.hatenablog.com/entry/15604878

https://konjichouin.hatenablog.com/entry/2019/08/27/102818

https://konjichouin.hatenablog.com/entry/2019/09/05/232102

https://konjichouin.hatenablog.com/entry/2019/09/06/104127

posted by 竜光 at 20:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仏像